X Window をMac に飛ばす

icon_xquartz

Raspberry Pi のGUI は X Window システムをベースにしています。X Window は元々ネットワークを通じて使用する前提で作られており、ウィンドウを別の端末に転送することができます。SSH と組み合わせて使うと、設定も簡単です。

SSH 接続する際にオプションで -X (大文字のX) をつけます。

$ ssh -X pi@(ホスト名またはIP アドレス)

 

Mac  側には XQuartz が必要です。

Mac で Puredata を使用している場合は、すでにインストールされています。(インストールされている場合は、上記のコマンドで接続するときに自動で起動します。)インストールされてない場合は上記リンクからダウンロードしてください。

Raspberry Pi にログインした後、puredata などの X を使うソフトを起動すると、Mac 上にウインドウが表示されます。

 

←Raspberry Pi 一覧に戻る