Raspberry Pi のデスクトップをMac に表示する

Raspberry Pi のデスクトップ(標準ではLXDE)の画面を、ネットワーク経由でMac に表示します。VNC (Virtual Network Computing) を使います。Raspberry Pi 上で VNC サーバーを起動し、Mac でクライアントを起動します。

Raspberry Pi のVNC の説明でよくあるのは tightvnc server を使用したものです。

tightvnc の参考

http://assimane.blog.so-net.ne.jp/2013-03-27

http://www.myu.ac.jp/~xkozima/lab/raspTutorial1.html

 

Raspberry Pi (Linux) では複数の仮想デスクトップを持つことができますが、本体のHDMI ディスプレイに表示しているデスクトップ(通常、DISPLAY:0)はtightvnc server で転送することができません。(私の設定が悪いのかもしれませんが、、、)

本体のデスクトップを転送できる VNCサーバーとして X11VNC を使用しました。tightvnc の方が負荷が少ないようですが、画面を使う作品などで、表示している画面をMac で操作したい場合には、こちらの方が便利です。

参考

http://www.rs-online.com/designspark/electronics/blog/JPN-raspberrypi-x11vnc-remote-desktop

http://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=66&t=93062

インストール
$ sudo apt-get install x11vnc

パスワードを設定
$ x11vnc -storepasswd

DISPLAY:0で VNC サーバーを起動
$ x11vnc -forever -usepw -display :0

(このコマンドの前に、startx &  でデスクトップ環境を起動している必要があります。)

Mac 側のVNC クライアントはFinder の「移動 > サーバーに接続…」機能でOK です。

connect_server

サーバーアドレスに

vnc://(ホスト名またはIPアドレス):ポート番号

を入力します。ポート番号は 5900+ディスプレイ番号です。

 

 vnc

  

←Raspberry Pi 一覧に戻る