セットアップ

Raspberry Pi のセットアップ

個人的な趣向、およびその後の活用にヘッドレス(画面なし)で使えるように、を念頭に書いてます。
ネットワークを使用するため、B, B+, Pi2 向けです。

[必要なもの]

・Raspberry Pi本体:4000〜5000円くらい(今なら Pi2 がおすすめ

・SD カード (初期A, B はフルサイズ、B+ 以降はmicro SD):8GB 程度のものを使用。(500円くらい)

・電源:出力コネクタが micro USB のAC アダプタ。1A 出力のできるスマートフォン用のものなど。

・Ethernet Cable (Cat 5 で十分。100円ショップでも買えます。)

・設定を行うMac。(このガイドはMac 向けに書かれています。)

Raspberry Pi との接続の仕方によっては、Mac にEthernet の端子が必要です。

・SD カードリーダー(本体にある場合はそれでOK)

 

[最初にやること]

・OS イメージを公式サイトからダウンロード、SD カード (micro SD カード) に書き込む。OS はユーザーの多い、 Raspbian をおすすめします。

OS イメージのダウンロードページ (Download ZIP を選択)

・SD カードにデータをコピーするには、dd というコマンドを使用します。こちらのサイトを参考に。

GUI ツールもいろいろあるのですが、結構失敗することが多いです。(OS X 用のGUIツールの例:Pifiller

OS イメージを適切に書き込んだSD を差し込み、電源を接続すれば、準備完了です。

最新のRaspbian(2015-02-16) をMacBook 内蔵のSD カードリーダで書き込んで、5分くらいでした。カードやカードリーダの性能もありますが、あまりに時間がかかる場合は、書き込みに失敗しているかもしれません。

 

←Raspberry Pi 一覧に戻る