最初に行う重要な設定

Raspberry Pi が無事に起動し、ログインできたら、まずは raspi-config というコマンドで最初の設定を行います。

$ sudo raspi-config

HDMI ディスプレイを接続して起動した場合、初回起動時は自動でこの設定が始まります。

1. – 9. までのメニューがあります。上下のカーソルキー[↑] [↓] で選択、[return] または[space] で中に入ります。[ESC] で1つ前の画面に戻ります。

設定を終えたら、[Tab] キーを使って <Finish> を選択し、設定を保存して終了します。1部の設定は再起動後に有効になるので、これもメニューに従って再起動しましょう。

設定した方が良い項目

1. Expand Filesystem

大容量のSD カードを使用していても、初期状態では最低限の領域しかつかわない状態でインストールされます。SD カードの全領域を使えるように拡張します。

2. Change User Password

デフォルトユーザー pi のパスワードを変更します。(初期値はraspberry)

4. Internationalisation Options … I2 Change Timezone

 日本の場合は Asia/Tokyo を選択しましょう。

8. Advanced Options …  A2 Hostname

avahi を使用する場合は変更したほうが良いでしょう。(初期値は raspberrypi)

他の設定はお好みで。カメラモジュールを使う場合は 5. Enable Camera も必要です。設定が終了したら、再起動して有効にします。

 

設定を変更したくなった場合は、raspi-config コマンドを使って変更可能です。

 

←Raspberry Pi 一覧に戻る